So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ふぐ飼育&水草レイアウトをだらだらと楽しんでます♪ごゆるりと^^

NO3測定キットモニター♪ [アクアマインドラボラトリー]

先日、aquamind laboratoryさんの新商品モニターに選ばれまして、早速「ブツ」が届きました
今回はそのレポートです(前に言っていた予告はコレね。)

 新商品とは 「NO3 assay kit(硝酸測定キット)」

さっそく箱を開封

 

この 黒シール がたまりません。。。

おなじみのクールなパッケージです。いざ、オープン!

   ↑開けたところ    ↓キットの内容

試薬はA~Cの3種類。

コルク栓付き試験管・スポイト・色見本紙が付属です。

 

で、被験水槽がこちらです。

それでは、測定開始!

 【実験】

①水槽内の水で試験管内をすすいだ後に、付属のスポイトの1ミリリットルの線に合わせて5回水槽内の水を取り、試験管に入れます。(合計5ミリリットル)。

  採取中。

 もちろん無色透明です。

 

 ②試薬Aを2滴、加えます。

③コルク栓をして、よく振って試薬と水を混合させます。

 試薬Aは無色なのでまだ変化(-)です。

 

④試薬Bを5滴加え、同じようにコルク栓をしてよく振って混ぜます。

 試薬Bも無色なので変化(-)です。

 

⑤試薬Cを5滴加え、同じようにコルク栓をしてよく振って混ぜます。

 

 試薬Cは黄色なので、液は黄色に変化しました。

 

⑥約30分間(または2時間)、置いておきます。(30分後も色が完全に黄色の場合は2時間置いておくことをおすすめします。)その後、付属の色見本紙と比較し、硝酸濃度を判定します。

 

 スタート!!  この時点では色見本の0と同じでした。


んでもって、この間にさらに2サンプル作ってみました。
左が水道水、右は海水水槽の水です。
海水水槽はすでに赤くなってます。ヤバイ・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

なんだかんだ30分はあっという間です。

結果は・・・

水草水槽と水道水では0の色と同じでした。
海水水槽は、う~ん40-50くらい。

【結果と考察】
水草水槽ではNO3はほとんど存在していない。
よってろ過と換水が効果を奏していると考えられる。

海水水槽では、約40mg/LのNO3が存在すると考えられる。
NO3はろ過がうまく成り立っている水槽で多く検出されることがある。
この水槽は立ち上げてから1年が経過しており、十分ろ過が行なわれているためNO3が多く検出されたと考え、特に問題視しない。

しかし40mg/Lという値は生体に影響を与えないぎりぎりの範囲内であり、近日中に換水するのが望ましいと思われる。

 

この結果を聞いた被験魚たちのコメントです↓↓↓

 一方では・・・

 ハイ

【さいごに】
 
いや~開発者の38brainさん、さすがです。
もうほんと手軽に楽しく実験気分でNO3測定ができちゃいました。
私みたいな初心者でもまったく問題なかったですね。

「水取って試薬ちょちょっと入れて振って放置してハイ完了」

こんな感じで、こまめに測定していきたいですね~。
途中で手に試薬の入った水をこぼしちゃったりもしたのですが、特に問題なく、
試薬の安全性も実感しました。
また、急に「こっちの水槽もついでに測ろうっと。」と思いついても、
すぐにサンプルが増やせるのでいいな~と思いました。

モニター、大満足です。ありがとうございました♪ 

レポートお疲れ、と思った方はコメントよろしゅう~~~(切実)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

ヒットラー!!

こんにりわ!!
フグを飼育しておられるのですね!!
僕も飼育しています。
リンクさせていただきますw
by ヒットラー!! (2007-03-17 12:10) 

にわとり

☆ヒットラー!!さん
リンクありがとうございます♪
ふぐってかわいいですよね~(^^)
よろしくお願いします~☆
by にわとり (2007-03-27 13:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。